ethOS 1.3.2 changelog(2018年7月31日リリース)google翻訳

Pocket

最近ethosから離れていたので1か月ほど気が付かなかった

ethOS 1.3.2 changelog(2018年7月31日リリース)
主な変更点
Radeon RX VEGAのサポートが追加されました:すべての鉱夫、オーバークロック、レポート注:RX VEGAと他のRX GPUを混在させることはできません。
追加されたavermore ewbf-equihash nevermore tdxminer xmr-stak xtl-stak
更新されたマイナーバージョン:claymore 11.9、dstm-zcash 0.6.1、sgminer-gm 5.5.6-ethos1、ccminer 2.3.0-tpruvot-ethos8
特定のマイナーバージョンをインストールするupdate-minerのサポートが追加されました(例:sudo update-miner claymore 11.0)。
globalled disabled configオプションを使用して、サポートされている互換NVIDIA GPUでGPU LEDを無効にする機能を追加しました。
ethOS統計パネルに農場の総電力使用量の表示を追加しました。
ネイティブのVEGAサポートを可能にするために、AMDGPUドライバをバージョン18.10にアップデートしました。
AMDGPU GPUにglobalvolt設定オプションが追加されました。
NVIDIA GPUの点滅を支援するためにnvidia-unloadが追加されました。
悪いRAMのデバッグを可能にするために、ethOSにmemtesterを追加しました。
トッププールとレポートオプションをpingするCynixx3のプールスクリプトを追加しました。

バグの修正
NVIDIAのオーバークロック速度を向上させ、NVIDIA設定の呼び出しを減らしてブートプロセス中に過大なシステム負荷を防ぎます。
maxgputempが正しく設定されなかったバグを修正しました。 maxtempまたはmaxgputempのいずれかを使用できるようになりました。
update-minerとethos-updateを修正し、ユーザー関連のファイアウォールデバイスにかかわらず更新プログラムをダウンロードできるようにしました。
いくつかのケースで、エストスアップデートのアップデートが正しく実行されない問題を修正しました。
エトルス更新が非常に古いバージョンを正しく更新できない問題を修正しました。
アップデートファイルを提供する専用のフェールオーバーサーバーを追加しました。
ccminerとsgminer-gm-xmrのデフォルトのマイナープロファイルをxmrV7に追加し、xmrV7をデフォルトにしました。
リグがブートプロセスの早い段階でethOS統計パネルに初期更新を送信するのを防ぎました。
最適化されたNVIDIAオーバークロックを修正し、NVIDIAオーバークロックが時々GPUを正しく注文できない問題を修正しました。
AMD GPUに関連する可能性のあるシャットダウン問題を修正するための新しいデスクトップメニューシャットダウンオプションが追加されました。
デスクトップターミナルをlxterminalに置き換えて、ターミナルのコピー&ペーストのサポートを追加しました。
selがgpu0だけで使用された場合、claymoreがGPUを正しく選択できないという問題を修正しました。
FGLRXとNVIDIAドライバのための幽霊V2の緩和を可能にするgccとサポートパッケージが更新されました。
NVIDIA X11の初期化を可能にするベストエフォート方式を追加しました。
最適化されたethOS統計パネルグラフバックエンド。
以前に使用された場合のみteamviewerdが開始するようにteamviewerのラッパーを作成しました。
いくつかのethOS統計パネルが誤ったリグデータを示した場合の予防されたケース。
USB 3.0ポートでUSB 3.0ドライブから起動するためのサポートが強化されました。
AMDGPUの表示と解像度データの正しい報告を妨げるバグを修正しました。
amdmeminfoが複数のOPENCLプラットフォームをサポートする機能が追加されました。
xmr-stakがワーカー名を割り当てずにマイニングをサポートする機能が追加されました。
リグのステータスが「0」に設定されていて、ethOSのステータスパネルに正しく報告されないという問題を修正しました。

スポンサーリンク

化粧品の変更とクリーンアップ
ハングとして解釈される可能性のある長い休止を減らすために、更新の進捗状況をethos-updateに表示しました。
エモスアップデートに関連するディスク書き込みを削減する最適化されたコピーロジック
現在のバージョンに基づいて、最小量のデータをダウンロードするための最適化されたエモスアップデート。
ethos-updateにおける標準化され、改訂された進捗テキスト
修理ガイドと個別の問題ではない問題の手順を含むように、改訂されたethOSアップデートガイド
新しいethOS 2周年記念の背景を追加しました(有効にするには、sudo hotfix anniversaryを実行してください)。
Moneroのマイニングに関するethOSナレッジベースへの指示を追加しました([1] [2])。
OhGodACompanyのEthLargementPillのインストールに関するethOSナレッジベースへの指示を追加しました。
Nvidia P102-100のデバイス情報を追加し、正しく識別できるようにしました。
サポートされているNVIDIA GPUでLEDを点滅させるfind-gpu機能を追加しました。
新しい鉱夫が解放されるたびに、ethOS統計パネルに通知メッセージを追加しました。
侵入したリグを特定するためのサポートを追加し、それに関するethOS統計パネルに通知を追加しました。
古いgccバージョンに関連するdmesgエラーを削除しました。
ethOSの統計パネルに自動ライセンス確認を追加することで、ライセンス確認手順をスピードアップしました。
同じ名前で異なるパネル上のリグを、レポートから同じグラフに防ぐ。
ethos-readconfが受け入れ可能なパラメータのリストを出力する機能を追加しました。
amdmeminfoへの新しいMicron MT51J256M32のサポートが追加されました。
クレイモアがデュアル鉱山に設定されているときに、ethOS統計パネルに “-dual”を追加しました。
関連するデータをより最適に表示するために、起動前の画面をクリーンアップしました。
ethOSのプリブート画面のR9 Fury / Nano / FuryXの間で区別されます。
QuickHash GUIと新しい鉱夫に関するリファレンスをethOS Sourcesページに追加しました。
チームビューアのログファイルがディスクをいっぱいにしないようにしました。
デスクトップ上の端末に解像度特有のスケーリングを実装しました。
nvidia-xconfigの起動に伴うディスク書き込みの削減。
実行速度を向上させる最適化されたfind-gpu

スポンサーリンク

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.