ethOS 1.3.1リリースとアップデート内容

Pocket

最近書くこと無くてまったく更新できていないです。。。

ethOS 1.3.1 changelog(2018年4月4日リリース)<<google翻訳>>
主な変更点
多くの場合、GPUの消費電力を削減しました。
インストールされたすべての鉱夫を最新バージョンに更新しました。ハッシュレートと安定性が向上しました。
GPUのオーバークロック、電圧、およびその他のパラメータをより確実に調整するための新しいethos-smiツールを作成しました(サンプルおよび開発者ノートを参照)。
AMDGPU(RXシリーズ)の信頼性の高いワット収集とライブ/最小/最大/デフォルトワットを追加し、それをethOS統計パネルに追加しました。
ブリードエッジ更新のための「テスト期間」を作成しました(更新する最初の1000人は出血テスターとみなされます)。
ccminerによるRavencoin(x16rとx16s)のサポートが追加されました(http://ethosdistro.com/ccminer.txt参照)
ethOSサンプル設定にsgminer-gmアルゴリズムリストを追加(http://ethosdistro.com/sgminer-gm.txtを参照)
GRUBブートローダに正しいパラメータを追加することで、lga1151チップセットを5つ以上のGPUでより確実にブートすることができました。
ターミナルウィンドウ内にethOSデスクトップ統計を表示するコマンドwwを追加しました。
<span title=”Added a "no overclock boot option", useful if overclocks cause a crash (use remote.conf to prevent overclock-related crashes).

“>”no overclock boot option”を追加しました。これは、オーバークロックがクラッシュする場合に便利です(remote.confを使ってオーバークロック関連のクラッシュを防ぐ)。

バグの修正
ユーザーが他のカスタムインスタンスを他のスクリーンインスタンスで実行していた場合、showが正しく実行されないというバグを修正しました。
該当する場合、CPUガバナーが「パフォーマンスモード」に設定されないバグを修正しました。
初期のGPU統計収集が遅すぎる問題を修正しました。
APUがAMDGPUで有効になっている場合、amdmeminfo segfaultのケースが修正されました。
ロードする正しいドライバを決定する際に、ethOSドライバ選択ツールがAMD APUを検討するのを防ぎました。
900シリーズNVIDIA GPUのコアオーバークロックに関する問題を修正しました。
AMDGPU(RXシリーズ)ファンRPMをより確実に収集して表示する機能を作成しました。
必要でない場合、ディスクのサイズ変更時にUEFIパーティションが作成されないようにします。
新しいethOSイメージからEFIブートパーティションを削除しました。
UEFIパーティションが存在しない場合、UEFI更新ロジックが実行されない可能性があります。
Linux 4.15カーネルをインストールし、関連する多くのバグを修正し、より強力なサポートを追加しました。
ethos-smiに関連する多くのバグを修正し、ソースからパッケージを再構築しました。
エトスアップデートが正しく実行されない問題を修正しました。
誤ったUEFI / Legacy BIOS設定のためにethOSが正しく起動しないという問題を修正しました。
optiminer-zcashが-a equihash96_5アルゴリズムを使用できないバグを修正しました。
ethOSに可能性のあるマルウェアを検出するためのチェックを追加しました。
重要なシステムライブラリを最新バージョンに更新しました。
アップデートサーバー用のジオベースのコンテンツ配信ネットワークを作成し、可用性に基づいてローテーションを最適化しました。
中国に居住するユーザーのサポートを強化しました。
スクリーンショットを簡単にするためのスクロールを追加。
最新のIntel CPUとRyzen CPUのマイクロコードをethOSブートで更新し、変更をサポートするパッケージを追加しました。
<span title=”Added better support to GPU make/model naming mechanism.

スポンサーリンク

“>GPUのメイク/モデルの命名メカニズムに対するサポートが強化されました。

化粧品の変更とクリーンアップ
gethelpリンクがmem / coreに “0”を示した場合を修正しました。
クレイモアの鉱夫とselが最初の9つ以上のGPUを掘り起こすのを修正しました。
selが使用されている場合、誤った数のGPUが「マイニング」として表示される問題を修正しました。
インストールが行われたことを詳細に記録するログファイルをupdate-minerに追加しました。
リグがインターネットに接続できない場合は、ethOSのデスクトップディスプレイにメッセージが表示されます。
インターネットに接続していなくても、eth0のデスクトップディスプレイにリグデータが正しく表示されるようにしました。
該当する場合は、ETH / ZEC / XMRの「却下された株式」、「プールスイッチ」および「不正な株式」の統計情報コレクションを追加しました。
ethos-updateでパッケージマーク/ホールド/追加/パージロジックをクリーンアップ
新しく作成されたリグがインターネットなしで起動する場合は、「newrig」ではなく「noinet」を表示します。
dstm-zcashのバージョンの収集と表示に関する美的なバグを修正しました。
ethOSプレブートGPU検出画面に6桁のワーカー名/リグIDを追加しました。
ethOSプレブートGPU検出画面によってAMD APUが表示されなくなりました。
GRUBブートローダに1秒の遅延を加え、ユーザが希望する選択をする機会を得ました。
find-gpuの最適化された表現(gpu0が最初のGPUです)。
マイナーが切り替わると、エニマー関連のログファイルが消去されます。
local.confが存在しない場合に発生する美観的なエラーを修正しました。
helpmeをhelpmeコマンドリストを表示するスタンドアロンコマンドに移動し、ethOS MOTDを短縮しました。
ethOSステータス条件の最適化された表現。
ethOS上で使用されるトップ50のGPU製作者/モデルをhttp://ethosdistro.com/versions/に追加しました。
新しい機能やユースケースの追加に基づいて、ethOSナレッジベースが更新されました。
リグがすべて報告を停止した場合、ユーザーのパブリックIPが変更された可能性があることを示す、より良いメッセージをethOS統計パネルに追加しました。
CDN関連のアップデートパッケージ配信をクリーンアップしました。

スポンサーリンク

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.