ethOS 1.3.0リリースとアップデート内容

Pocket

気が付いたらまた見逃してました。

ethOS 1.3.0 changelog(2018年2月28日リリース)<<google翻訳>>
主な変更点
511Cを表示し、実験的なカーネルとドライバをインストールすることでクラッシュした特定のAMDGPU RXシリーズGPUのサポートが追加されました。
実験用のカーネルとドライバをインストールしてRX 550をサポートしました。
実験用のカーネルとドライバをインストールすることで、NVIDIA Titan V、GTX 1060 5GB、GTX 1060 Rev.2のサポートが追加されました。
#ethosdistro / Freenode IRCチャンネルにサポートスタッフを追加
on-rig IRCクライアントに/ gethelpショートカットを追加しました。これにより、ユーザーはチャンネルに/ gethelpを直接入力することで診断ログリンクを生成できます。
インストールされたすべての鉱夫を最新バージョンに更新し、サポートするために必要なパッケージを追加しました。
NVIDIA用の自動ドライバパッケージャを作成し、バージョン390.25用NVIDIAドライバセットを作成しました。
ユーザーに最も近いサーバーからethOSダウンロードファイルを提供するために、CDNロードバランサをethOSダウンロードページに追加しました。

バグの修正
ethos-update関連ファイルを提供するためのCDNを構築することにより、ethos-updateの実行に関連するバグを軽減しました。
最適化された「更新」機能と、ethOS機器がethOS統計パネルに更新を送信できなかった場合の修正。
10メガハッシュ以下のエスミナーハッシュレートでハッシュレートが正しく表示されないという問題を修正しました。
dualminerレポートにblake2sとkeccakコインを追加しました。
非常に古いethOSバージョンからのアップデートのサポートが強化されました。
カーネル4.15に必要なfglrxとnvidiaパッチを追加
多くのNVDIA GPUを実行しているときのCPU負荷を軽減するために、自動CPUパフォーマンスマネージャを追加しました。
ethminerプロキシが正しく再起動しない場合が修正されました。
“gpuクロック問題”の誤検出の多くのケースを修正しました。
システムの負荷が高すぎるとハッシュコレクションがタイムアウトするバグを修正しました。
リプルがあまりにも多く指定された場合、統計情報が報告されないようにするバグを修正しました。
先行スペースがあってもethos設定パラメータが動作するようにすることができます。
いくつかのケースでデュアルマイニングを行うと、フォールメールが正しく適用されないバグを修正しました。
カーネルソースにUSB NIC用のドライバパッチを追加。
/var/run/ethos/stats.jsonにローカルJSON統計のダンプを追加しました。
ethOSリポジトリからpull最新のベータドライバにinstall-amd-betaコマンドとinstall-nv-betaコマンドを追加しました。
今後の修正プログラムで使用するhotfixコマンドを追加しました。
オーバークロックスクリプトのサニタイズされたオーバークロック値。
起動時にディスプレイモニターに黄色のテキストと空白の画面が表示されるのを修正しました。
poolemail configオプションに関連する正規表現の問題を修正しました。これは、特定の条件下で構文解析の問題が発生しました。
起動後にクラッシュする可能性のあるAMDGPU(RX)オーバークロックスクリプトのバグを修正しました。
amdgpu-pro OPENCLスタックを最新の安定版に更新しました。
configmaker.comは、サーバをアップグレードすることにより、より確実に実行できます。
dstm-zcashでのフェイルオーバー・プールのサポートの追加

化粧品の変更とクリーンアップ
EthOSデスクトップとMOTDにethOSライセンス契約受諾/回収を追加しました。
ユーザーがインターネットに接続されていない状態でethos-updateを実行しようとすると、プロンプトが表示されました。
minerがしばらく働いていて、ハッシュがゼロの場合、ethOSステータスに “可能なminer stall”メッセージを追加しました。
クラッシュしたGPUのリストをethOSステータスメッセージに追加しました。
bashプロンプトのハッシュ値表示を修正しました。鉱夫がストールした場合やマイニングしていなかった場合は “0”を表示します。
gethelp診断ファイルのマイナー出力ファイルからカラーコードを削除し、ログを読みやすくしました。
ユーザがlinuxコマンドとしてethOS設定オプションを使用しようとすると、警告とアドバイスが追加されました。
マイナーが変更された場合、自動的にクリアするためのshow miner logを許可しました。
NVIDA gpulist pciバスの識別が正確でない場合が修正されました。
ethOSデスクトップのタスクバーの右側にある「ロックスクリーン」ボタンを修正しました。
ethOSのデスクトップメニューを改訂し、ethOSデスクトップインターフェースに「ハードリブート」オプションを追加しました。
以前のバージョンで誤って削除された、ethOSデスクトップにシャットダウンと再起動のボタンが追加されました。
無効なマイナーが指定された場合、ethOSデスクトップおよびethOSステータスに通知を追加しました。
著者からの積極的な開発のせいで、サイレントマイニング鉱夫を削除しました。
ユニークリグUUIDのコレクションメソッドを追加しました。
flagsとdualminer_poolのコレクションメソッドを追加し、JSON APIに追加しました。
gethelp診断リンクにethos-smi出力を追加しました。
gethelp診断リンク、ethOSパネル、JSON APIにマザーボードとBIOSバージョンを追加。
ethOSナレッジベースに共通のethOSコマンドのリストを追加しました。
GTX 1060 5GBおよびGTX 1060 Rev.2用のpci.idsが追加されました
ethOSのダウンロードページにethOSライセンス契約を追加しました。

スポンサーリンク

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.