ethosの設定とかで見かけるコマンドについて

Pocket

ethosを使い始めてから、設定関連を紹介されているブログなどをよく拝見させていただいてます。

しかしながら、他のページのコピーなのかよく使うコマンドの紹介で意味のない?コマンドをそのまま掲載されているところがチラホラ。

例えば、[putconf]ですが、

よく使うコマンドとかで、

設定を反映

# putconf && minestop

設定紹介でlocal.conf使う設定に変えているにも関わらず、上記のように紹介されてます。

オカシイよねw

どこがって、[putconf]の説明よんだ限り、

manually put remote conf into local conf(手動でリモートconfをローカルconfに入れる)

せっかく書き換えたlocal.confが初期化されるんじゃなかろうかwww

local.conf書き換えたのを反映させるだけなら、# minestop だけでいいっていう。

きっちりやるなら、# disallow && minestop && sleep 10 && allow かな?

minestopだけだと自動的に再マイニング始めるので、

disallowで自動再起動止めてからマイニング止めて、んでもって時間空けて再起動再開。

ccminer複数バージョン使い分ける時にもdisallowで再起動止めとかないと、

タスクが切れなくてコピー失敗するし。

最初は設定情報のってるブログとか参考にしてコマンド打てばいいけど、

コマンドの意味調べて使わないと罠にハマって抜け出せなくなるのでお気を付けを。

スポンサーリンク

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.